top of page

40代女性 芸術家 O様

更新日:2023年2月20日

夫が風俗通いをやめてくれず、苦しんでいました。


「男なら、誰だって行くよ」「子どもも産んだいい歳をした女が、夫の風俗通いくらいでそんなに悩まなくてもいいじゃない」と、周囲から言われたこともわたしを苦しめました。


夫からは、「お前が相手をしないから風俗に行ってる」ともいわれ、わたしの心は完全に孤立化しました。


さあこさんに出会ったのは、Facebookでみた、星座パーティーがきっかけでした。


パーティーでは本心の悩みを語らずに、心の周辺の悩みを話しておわりました。


その後、ソウルカウンセリングをうけ、本当の悩みを話しました。


まずは、「夫の風俗通い」と、「わたし」には、なんの関係もない。あなたは悪くない。といっていただけたときに、わたしは平然とした表情でいたつもりですが、涙をとめることができませんでした。


この言葉をわたしはずっと誰かに言ってほしかったのです。


夫の風俗通いに関するわたしの悩みは案外はやく決着しました。

いまは、自分の魂のプランについて、さあこさんから勉強をはじめているところです


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

20代 アルバイト 女性

何事も長続きしないわたしでした。でもさあこさんとのカウンセリングは続けることができています。辛抱強くおつきあいしていただいてるなーってかんじます。わたしはかわりたい

40代 医療従事者 K様

約一年前DVというアイノカタチを主人に受け、最愛なる息子と離れ暮らした一年 私は、必要以上に自分を責めました。 家族、、、のカタチも忘れてしまいました。 先祖を責めたてていました。 半ばカルマと言うべき、想念や承認欲求は自らが作り出した魂の絡みであることにカウンセリングを通し、気付かされました。 わたしは、泣き崩れる日々をクライアントとしていつも見守ってくれるさぁちゃんに私は本当に助けられました。

40代 T様

さあこりん(と呼ばせていただいてます)の ソウルカウンセリング8回目を受けさせていただいた後に綴ってみています(笑)。 さあこりん、ソウルカウンセリングとの出会いは、 自分でコントロールできない荒ぶるモヤモヤ、イライラ、吐き出る暴言、違和感、望んでいる方向を拒もうとする気持ち悪さ、自分への失望が期待より大きくなりすぎ、日常生活を送っていても苦しくて仕方がない、ものすごく久しぶりにもがいていた時に、

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page